お葬式・家族葬なら1日1組限定【小さな森の家】

相談無料/通話無料/24時間対応、小さな森の家の電話番号:0120-131-599

資料請求

3分でわかる家族葬のこと

家族葬が3分でわかる。家族葬の特長や選ばれる理由と注意点。

近年では8割近くのご家族様がお選びになっている家族葬ですが、以前と比べ増加傾向にあるものの、詳しく知っている方は少数だと思います。ここでは家族葬について詳しく説明していきます。

【目次】

家族葬とは?

家族葬と密葬の違い

地域コミュニティで行われていたご葬儀

地域コミュニティが弱体化してからのご葬儀

親しい方を中心に、少人数でお見送りする家族葬

家族葬は参列者の人数をあらかじめ決められる

家族葬は現代のライフスタイルに合っている

家族葬の特徴

家族葬では故人様とゆっくりお別れができる

家族葬は自由な形でお別れできる

家族葬の注意点

家族葬では参列したい方が参列できない

家族葬では、ご葬儀後の弔問に訪れる方が多くなりやすい

家族葬にすれば費用を抑えられるわけではない

参列者の人数を考慮して斎場を選ぶ

一日葬にするとしても通夜の意義を知っておく

参列者のマナー

家族葬への参列の判断

どうしても家族葬へ参列したい方へ

家族葬での香典

家族葬での服装

参列依頼のない方をお誘いしない

家族葬の流れ(葬儀前)

ご葬儀後の流れ

365日24時間受付/0120-131-599

緊急事態宣言発令中のご葬儀の相談窓口

緊急事態宣言中は、火葬場や葬儀場の利用規約などが変わりやすいので、
お電話でのご相談がおすすめです。

家族葬がわかる詳しい資料を無料でお届け、資料請求はこちら

家族葬とは?

家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬の違いは、それらのご葬儀とは別に本葬やお別れ会などを行うかどうかです。家族葬では他に行う式はなく、家族葬だけで完結します。密葬では、密葬の後に本葬やお別れ会などを行います。密葬は大規模になりそうなご葬儀の前に、近親者のみで行うご葬儀です。主に著名人や企業の社長がお亡くなりになったときに行われます。

大規模なご葬儀となると、ご遺族はその準備に追われ故人とお別れする時間がとれません。そのため密葬で事前にお別れを済ませてから、大規模な本葬に臨むのです。

地域コミュニティで行われていたご葬儀

地域コミュニティで行われていたご葬儀

高度経済成長期以前のご葬儀は、ご遺族と地域住民の手助けによって行われていました。開催場所は地域の集会場や菩提寺が主でした。強固な地域コミュニティと檀家制度が機能していたのです。

高度経済成長期以降は、地域コミュニティが弱体化し檀家制度も機能しづらくなりました。大人になると生まれ育った地域を離れ、都市部の会社に就職する。都市部へ移り住んだ人々は、都市部のコミュニティには属しませんでした。その地域の菩提寺も持ちませんでした。

次第に地域コミュニティは影を潜めていきました。檀家制度はその役目を果たせなくなりました。

ご葬儀はどうなるでしょう。隣人との付き合いはない。地域の行事にも参加しない。集会所も利用できない。菩提寺も持っていない。そうなると地域コミュニティ全体で行っていたご葬儀を、たった一家族で行わなければならない。それは多くの家族にとって無理難題でした。

そんな無理難題を解決してくれたのが葬儀業者でした。葬儀業者に依頼すれば斎場を提供し、ご葬儀を取り仕切ってくれました。地域コミュニティが弱体化する一方で、葬儀業者は増加していったのです。

地域コミュニティが弱体化してからのご葬儀

地域コミュニティが弱体化してからのご葬儀には、多くの企業関係者が参列するようになりました。地域に属さなくなった。人々が「企業」に属するようになったからです。

葬儀は以前に比べ、各段に大規模になりました。参列者の中には、故人様を偲ぶためではなく、参加するのが「礼儀」だから参列している方も多くいました。中にはご遺族の取引関係者など、故人様を知らない方の参列もありました。ビジネスの現場が、礼節をわきまえ過ぎた結果なのかもしれません。

ご遺族が故人様を偲ぶ時間は大規模なご葬儀が終わった後に訪れました。その時間こそが本来の意味での葬儀だったはずです。

そんな中で日本は少子高齢化の時代を迎えます。ご葬儀にかかる費用は、故人様のご子息が分担して賄っていました。少子化の時代ではその負担の割合が大きくなります。またバブル経済が崩壊し、以前のような景気の上向きはなくなりました。

こうした社会的背景があり、大規模な葬儀の開催は経済的に難しくなりました。これを受けて葬儀業界が提案したのが、親しい方だけで行う小規模なご葬儀「家族葬」です。

地域コミュニティが弱体化してからのご葬儀
親しい方を中心に、少人数でお見送りする家族葬

親しい方を中心に、少人数でお見送りする家族葬

家族葬とは、故人様とごく親しくされていた身近な方々だけでお別れするご葬儀です。ご葬儀にお呼びする方々の範囲が、一般葬に比べて狭くなります。そのため参列人数は1~30名程度になるケースが多いです。

こうした傾向はあるものの、家族葬に決まった定義はありません。家族のあり方に決まった正解がないように、家族葬にも決まった正解がないのです。

「葬儀だからこうしなくてはならない」そういった考えにとらわれず、大切な方をお見送りする気持ちを大事にしてください。

家族葬は参列者の人数をあらかじめ決められる

家族葬に決まった定義はありません。「家族葬なんだから家族だけで葬儀を行なわなければならない」そう思われている方もいるかもしれません。それは誤解です、ご親戚はもちろん、親しかったご友人など、誰をお呼びしても構わないのが家族葬です。

前例として100名以上の方が参列した家族葬もあります。もちろんご家族だけでお見送りするのも家族葬のひとつの形です。どこまでの方に声をかけ、家族葬に参列していただくか。故人様の交友関係を振り返り、ご家族で話し合うのも良いかもしれません。

家族葬は参列者の人数をあらかじめ決められる

家族葬は現代のライフスタイルに合っている

平均寿命は年々伸びています。 厚生労働省のデータによると、2019年の日本人の平均寿命は女性が87・45歳、男性が81・41歳。

以前と比べ会社を退職してからの人生が長くなりました。その間に関係が希薄になる知人・友人も増えてきます。高齢になると付き合いが狭くなり、ごく親しい人とだけ付き合う方が大勢います。そんな方の中には「気心の知れた家族や身内だけで見送って欲しい」と考える方も珍しくありません。

また現代では、ライフスタイルや価値観が多様化しています。宗教や伝統に対する意識も個人個人で様々です。伝統的・宗教的なしきたりを重んじる方もいれば、そこに価値を見出さない方もいます。

「伝統的なしきたりを重んじるご葬儀」「宗教的な儀礼にとらわれない自由なご葬儀」家族葬ではどちらのご葬儀も可能です。故人様の意思。ご家族の意思。家族葬は様々な価値観を許容してくれます。

明朗価格で安心のセットプラン

費用や規模に合わせて最適なプランをお選び下さい

火葬式プラン[150,000円]
公営斎場プラン[280,000円]
家族葬プラン[380,000円]
お坊さんを定額手配いたします。5万円〜

お近くの式場一覧

お近くの式場の規模や内装・アクセス・参列できる人数や設備についても調べておきましょう。
小さな森の家の家族葬ホールは1日1組限定貸切で、故人様との最後のひと時をゆっくりとお過ごしいただけます。

小さな森の家の式場外観 小さな森の家の式場外観 小さな森の家の式場外観

家族葬の特徴

家族葬では故人様とゆっくりお別れができる

家族葬では故人様とゆっくりお別れができる

少人数で静かに故人様を見送りたいケース。故人様の知人にお声がけしても大人数にはならないケース。家族葬はそういった場合に向いています。

参列者の人数が少ない家族葬では、それだけ応対も少なくなります。家族葬なら慌ただしさのない、整った気持ちで別れに向き合えるかもしれません。

参列していただいた方々と思い出を話り合うのも良いでしょう。丁寧なお礼を伝えるのも良いかもしれません。故人様と最期の時間をゆっくりと過ごせる。それが家族葬の特長です。

家族葬は自由な形でお別れできる

特定の信仰がない場合は読経や焼香のない無宗教葬。身体への負担を考えてお通夜を行わない一日葬。その他にも、明るくお別れしたいからと宴会のような家族葬を選択した方もいます。家族葬にジャズの生演奏を取り入れたケースもあります。

参列者が少人数だからこそできる選択もあります。一般葬では料理や返礼品の準備を葬儀業者に依頼します。家族葬なら返礼品を用意しなかったり、故人様の行きつけの店で食事をとったりも可能です。

家族葬は宗教的儀礼に捉われないご葬儀の形です。仏式のご葬儀でないなら、お坊さんを呼ぶ必要もありません。ただしお坊さんなしのご葬儀では、菩提寺へ納骨ができない可能性があるので注意が必要です。仏式以外のご葬儀であれば、その宗教の儀礼に則りご葬儀を進めていきます。

無宗教葬ならご葬儀の流れに決まりはありません。ご葬儀の内容はご遺族に委ねられます。もちろん全て委ねられても、お困りになるご遺族がほとんどだと思います。実際には葬儀業者と話し合って決めていきます。

家族葬は自由な形でお別れできる

家族葬の注意点

家族葬では参列したい方が参列できない

家族葬では参列したい方が参列できない

家族葬はその自由さゆえに曖昧な部分が多くあります。 「親しい方々を中心に、少人数でお見送りする」とは言っても、「親しさ」に明確な線引きはありません。あくまでご遺族の主観的な判断で線引きをします。

そのため「なぜ?お葬式に呼んでくれなかったのか!」そんな不満を持つ方々が、家族葬の後に出てくる場合があります。

その不満の正体は「参列できなかった不満」ではなく「連絡がなかった不満」かもしれません。故人様の知人には、事前にひととおり連絡しておきましょう。その不満は解消されます。

中には「参列できなかった不満」を持つ方もいるかもしれません。不満ではなく後悔と呼ぶべきですね。ご葬儀には、残された方々が悲しみを乗り越えるための役割もあります。家族葬に参列できなかった方は、悲しみを乗り越える機会を失います。

ご葬儀に参列しなくても、悲しみを乗り越えられる方もいるでしょう。ご葬儀を行ったから悲しみを乗り越えられるとも限りません。自分はどうすれば悲しみを越えられるのか。ほとんどの方が分からないと思います。誰が家族葬に参列すべきなのかは、本当に誰にも分からないのです。

「ご遺族からの参列依頼がなければ参列は遠慮する」原則として、これが家族葬のマナーです。あくまでマナーでありルールではありません。マナーに反してでも参列したい。そんな方もいらっしゃるかもしれません。そんな方を受け入れるかどうかもご遺族の判断に委ねられます。

また自由な家族葬だからこそ、参列者の理解を得られない場合もあります。伝統や宗教的儀礼に則ったご葬儀の場合、「伝統だから」「宗教的な儀礼だから」そうした理由だけで参列者の納得は得られます。伝統や宗教にとらわれない家族葬だからこそ、参列者への説明が必要になるのです。事前に連絡してご説明しましょう。ご理解いただけるかもしれません。

家族葬では、ご葬儀後の弔問に訪れる方が多くなりやすい

少人数で行われる家族葬では、ご葬儀後の弔問客が多くなりやすいです。急な訪問者への応対。香典返しの用意。

予期せぬ気苦労に疲れてしまう。急な出費も大変です。

事前に故人様の知人にひととおり連絡しておきましょう。そのうえで自宅に会葬返礼品を用意しておくと良いでしょう。急な訪問者にも余裕を持って対応できます。

家族葬では、ご葬儀後の弔問に訪れる方が多くなりやすい
家族葬にすれば費用を抑えられるわけではない

家族葬にすれば費用を抑えられるわけではない

参列者が少人数になりやすい家族葬では、料理や返礼品にかかる費用が一般葬に比べ低く済みます。ただし総費用が大幅に低くなるわけではありません。家族葬だとしても、基本的には一般葬と同様の葬具が必要になるからです。

また参列者が少人数なら、いただける香典も少なくなります。そうなるとむしろ金銭的な負担は増えてしまいます。

また低い料金を提示している葬儀業者には気をつけましょう。必要な葬具を含まない見積もりを出している可能性があります。必要な葬具分の料金を追加で請求されてしまいます。見積もりを取ったら、内訳や条件をよく確認しましょう。

参列者の人数を考慮して斎場を選ぶ

家族葬はご葬儀を行える場所であれば、どこでも行えます。参列者が少人数になる家族葬では、広すぎる斎場は選ばないよう注意しましょう。人数に対して広すぎると寂しい印象になってしまいます。また規模の大きい斎場ほど、使用料が高い傾向にあります。

もし家族葬の費用を抑えたいなら、民営斎場ではなく公営斎場を選択すると良いでしょう。公営斎場は民営斎場に比べ使用料が低く設定されています。

ただし公営斎場は誰もが利用できるわけではありません。「公営斎場を運営する自治体に喪主様がお住まいである場合」「ご親戚の中にお住まいの方がいる場合」など斎場によって利用できる条件が異なります。利用条件は斎場に問い合わせてみましょう。

集会所やご自宅で、家族葬を行うケースもあります。ご自宅であれば利用料は一切かかりません。

参列者の人数を考慮して斎場を選ぶ
家族葬にすれば費用を抑えられるわけではない

一日葬にするとしても通夜の意義を知っておく

遠方からの参列者の時間的な負担を減らす目的。ご高齢の参列者の体力的な負担を減らす目的。今日では新型コロナウイルス感染予防の目的など、様々な理由から通夜を行わない一日葬が選ばれています。

家族葬を一日葬にするのは、決して悪い選択ではありません。一日葬では、参列者だけでなくご遺族の体力的・精神的な負担も軽減されるでしょう。新型コロナウイルス感染予防の観点から仕方のない選択でもあります。通夜を行わない一日葬にはメリットが多いように思えます。それではなぜ通夜は行われてきたのでしょうか。

通夜とは、夜を通して死者の霊を守り慰める儀式です。死者に夜通し寄り添う行為は、仏式に限らず古今東西の民族が行っています。昔は死の確認が非常に難しく、簡単には死亡の判定を下せませんでした。死の確認作業に時間をかける必要があったのです。

通夜の最中に死者が目を覚ますケースもあったのかもしれません。通夜中はまだ完全な死者として扱っていなかったのではないでしょうか。目を覚ますように願い込めて、夜を通して看病をしたのでしょう。それでも目を覚まさない故人様を前にして、次第に死を受け入れていったのかもしれません。

それでも通夜には、単純なメリット・デメリットだけでは論じられない意義もあります。通夜を行わない場合でも、通夜の意味と意義を考えてみてください。

365日24時間受付/0120-131-599

緊急事態宣言発令中のご葬儀の相談窓口

緊急事態宣言中は、火葬場や葬儀場の利用規約などが変わりやすいので、
お電話でのご相談がおすすめです。

家族葬がわかる詳しい資料を無料でお届け、資料請求はこちら

参列者のマナー

家族葬への参列の判断

一般的なご葬儀の慣習では、訃報を知ったらできるかぎり参列するのがマナーとされていますが、家族葬では逆に、ご遺族から参列依頼があったときのみ参列するのがマナーです。参列依頼があるかどうか、まずはお知らせを状見て判断します。

「葬儀は家族葬で行います」と記載があり、ご葬儀の日時や場所の記載がなければ、一般の参列はできません。ご遺族からの参列依頼があるなら、他にお知らせが届くはずです。何も届かなければ参列依頼はありません。

故人様とゆっくりお別れするために家族葬を選択するご遺族も多くいます。ご遺族がなぜ家族葬を選択したのかを考え、参列は控えましょう。

またご葬儀前にご遺族へ連絡するのもマナー違反です。ご遺族は故人様とゆっくりお別れするために家族葬を選択しています。ご葬儀前に連絡が押し寄せ、その対応に追われては家族葬を選択した意味がありません。家族葬の前には連絡を控えましょう。お悔やみの電話をしたいときは、ご葬儀後の落ち着いた頃を見計いましょう。

どうしても家族葬へ参列したい方へ

どうしても家族葬へ参列したい方へ

どうしても家族葬に参列したい、そんな方もいらっしゃると思います。故人様としっかりとお別れがしたい。そんな方は別の機会はないか考えてみましょう。

ご葬儀だけが故人との別れの場ではありません。ご葬儀後の落ち着いた頃に弔問へ訪れ、手を合わせる。「弔問もご遺族の手を煩わせるかもしれない」と配慮するなら、納骨後にお墓参りに行っても良いでしょう。

家族葬に参列しなくても、納得のいくお別れができるかもしれません。

それでも家族葬に参列したい方は、ご遺族に確認をとってみましょう。マナーには反します。意図していない参列希望の申し入れは、ご遺族を悩ませてしまうかもしれません。ひとりでも受け入れてしまうと、他の参列依頼をしていない方へ説明が立ちにくくなるからです。

ですがご遺族の気持ちに気を配り過ぎるあまり、自分の気持ちを蔑ろにするのも正しいとは言えません。

ご葬儀は残された方々のための儀式でもあります。ご遺族の思い。自分の思い。どちらも大切に考え行動を決めましょう。

家族葬での香典

香典辞退の連絡があったなら、香典は渡さないようにしましょう。香典辞退の連絡がなかったとしても、家族葬では香典を渡さないのがマナーとされています。

マナーはあっても、家族葬に明確なルールはありません。家族葬の斎場で香典を受付ている場合もあります。受付がない場合でも、お渡しすれば受け取っていただけるかもしれません。家族葬では香典の受付に関しても、ご遺族の判断に委ねられています。

家族葬での香典
家族葬での服装

家族葬での服装

家族葬は、一般的なご葬儀と大きく違う形式になるときがあります。「お別れ会」「送る会」「偲ぶ会」のような形式です。

このような式の連絡には「平服でお越しください」といった表現が使われます。この表現が使われていたら、喪服は着ないようにしましょう。

平服とは普段着を指す言葉ではなく、「略喪服」を指す言葉です。男性なら控えめなダークスーツ。女性なら落ち着いた色合いのワンピース、アンサンブルなど。カジュアル過ぎない装いを心がけましょう。

特例として「普段着」での参列を指定する家族葬もあります。「特別に改まらず、普段の装いのまま故人を見送ってほしい」ご遺族からそんな希望があったなら、普段着で参列しましょう。

ただし普段着であっても、落ち着いた色合いの服を選んだ方が無難です。また念のために略喪服も持っていくと安心でしょう。

参列依頼のない方をお誘いしない

参加依頼のない方を家族葬に誘うべきではありません。自分と同じくらい故人様と仲が良かった方もいるでしょう。式場の都合で呼ばれなかったのかもしれません。ご遺族にも事情があります。「自分が友人代表で参列する」そう思い直してはどうでしょう。

「またここで大切なのは「参列依頼がなかったご友人の意思」と「ご遺族の意思」ではないでしょうか。ご友人に参列したい強い意向があるのなら、以下の項目に目を通してみてください。ご決断の手助けになるかもしれません。

また「家族葬に参列した」と周囲に話すのは控えましょう。むやみに口外してしまうと、ご遺族の心身が落ち着かないうちに、弔問客が押し寄せてしまいます。周囲に話すのは、ご遺族が「家族葬を終えた旨の報告」をした後にしましょう。

明朗価格で安心のセットプラン

費用や規模に合わせて最適なプランをお選び下さい

火葬式プラン[150,000円]
公営斎場プラン[280,000円]
家族葬プラン[380,000円]
お坊さんを定額手配いたします。5万円〜

家族葬の流れ(ご葬儀前)

家族葬を選択する前によく話し合う

01

家族葬を選択する前によく話し合う

家族葬を選択する方は年々増えています。一方で伝統や宗教的儀礼を重んじる方々もまだまだ大勢いらっしゃいます。中には自由な形式の家族葬に違和感を持つ方もいるでしょう。
親戚や故人様の友人に、そういった考えをお持ちの方はいないでしょうか。家族葬を選択するときは、そういった方への配慮も必要です。本当に家族葬で問題ないかしっかり話し合いましょう。

葬儀業者を決める

02

葬儀業者を決める

「万が一」に備え、生前から葬儀業者を決めておいた方が良いでしょう。中には不明瞭な見積もりを出し、想定外の追加料金を請求する葬儀業者も存在します。
決断を誤らないために、見積もりを取るだけでなく内訳や条件をよく確認してください。不明瞭な部分があれば納得いくまで質問しましょう。まずは事前相談をおすすめします。

家族葬にお呼びする方を決める

03

家族葬にお呼びする方を決める

家族葬は故人様とごく親しくされていた方々だけでお別れするご葬儀です。「親しくされていた方」に明確な定義はありません。だからこそお呼びする方をしっかり決める必要があります。
故人様の交友関係を振り返りながらご家族で話し合うのも良いかもしれません。

家族葬の日数を決める

04

家族葬の日数を決める

お呼びする方の状況を考慮して、「二日間の家族葬」にするか「一日葬」にするかを決めても良いでしょう。一日葬とはお通夜を行わない1日だけの家族葬です。
遠方からの参列者や、ご高齢の参列者への配慮から選ばれているのが一日葬です。昨今では新型コロナウイルス感染予防の観点からも一日葬が選ばれています。

家族葬の日数を決める

05

訃報連絡

葬儀の案内である訃報には、家族葬を行うことや、家族葬への参列をお断りする旨を明記しましょう。
家族葬では、香典や供花を辞退するケースが増えています。その場合は「香典・供花を辞退する」旨を明記しましょう。

※参列してほしい方への訃報には、以下の内容を入れましょう。

故人様の名前/ご葬儀の形態・宗派/喪主の名前
ご葬儀の日時・場所

家族葬の日数を決める

06

ご葬儀

基本的には家族葬の流れも一般葬の流れと変わりません。
二日間の家族葬なら、一日目にお通夜を行い、二日目にご葬儀・告別式・火葬を行います。一日葬であれば、通夜を省き、ご葬儀・告別式・火葬だけを行います。

家族葬後の対応

01 供花や弔電を送ってくださった方へのお礼

供花や弔電を送ってくださった方への挨拶状とお礼の品をお送りします。
お礼の品は、3,000円~5,000円(税抜)ほどの品を用意しましょう。

供花や弔電を送ってくださった方へのお礼

02 家族葬にお招きしなかった方への通知

家族葬にお呼びしなかった、故人様やご家族の関係者へハガキを送ります。ハガキを送る方は故人様の年賀状や住所録をもとに決めると良いでしょう。「葬儀は近親者のみで執り行った」旨のご報告をします。10~12月の時期には、年賀状欠礼(辞退)案内も一緒に送ります。

家族葬にお招きしなかった方への通知

03 家族葬の後の役所関連お手続き

故人様の年金を受け取る資格が失われてしまうため、ご葬儀から14日以内に年金受給者死亡届を提出しなくてはなりません。
また葬祭補助金や未支給年金の支給申請が行えます。ご葬儀から2年以内に行ってください。遺族厚生年金など各種年金の支給申請は5年以内です。その他にも「挨拶状や香典返し」「役所や保険の手続き」「相続、お墓、供養、遺品整理」など必要に応じて適宜適切に対応しましょう。

家族葬の後の役所関連お手続き
小さな森の家のアフターサポート
365日24時間受付/0120-131-599

緊急事態宣言発令中のご葬儀の相談窓口

緊急事態宣言中は、火葬場や葬儀場の利用規約などが変わりやすいので、
お電話でのご相談がおすすめです。

家族葬がわかる詳しい資料を無料でお届け、資料請求はこちら


ページトップへ

メモリアル会員でお葬式が最大20%割引に!!入会・年会費無料です。
お葬式がよく分かるお葬式ガイド、資料請求無料